Pickups

スキルと熱意が重なる素敵な人々。

藍染師:岡 博美さん

画像4

岡 博美さん
2004年京都造形芸術大学大学院 芸術表現専攻 修了(修士取得)
2003年「呼吸 -kokyuu-」設立
2009年 三重県に工房移し、藍染工房を開く

画像1

天然の藍

画像2

藍の葉っぱを堆肥状にしたもの。藍師(この材料作成の職人さん)が、4ヶ月かけて作ります。

画像3

この泡が藍が生きている証

画像6

藍染体験をさせて頂きました。

画像5

浸している時間によって藍の濃さ変わるのです。

画像7

出来上がり。

藍染で海外に進出したい岡さん。忙しい中、英語の猛勉強中なのです。

岡さんのホームページで彼女の作品を観ることが出来ますよ!

Pumpkin Sally:佐藤剛さん

画像8

佐藤 剛さん
PUMPKIN SALLY
創業 1997年

PUMPKIN=フォードF-100の日本での愛称で、佐藤さんが初めて手に入れたアメリカ車。
SALLY=直訳すると、突撃という意味も持っています。

本場アメリカのサウスカリフォルニアの文化をこよなく愛し、すべての面において、アメリカのカスタムショップに引けを取らないショップを目指し開業。リアルなアメリカンカスタムを実践しています。

創業から現在に至るまで、日本各地のイベントへ積極的に自走で参加し、数々のアワードを受賞しています。

画像9

1930年代のフォード、車検も取って公道をフツーに走るのです。

画像10

他にも剛さんが手掛ける「ドレスアップ待ち」の車で溢れているのです。

そしてなんと、このフォードに乗せていただきました!動画でどうぞ♪

画像11

GoGo2号のオイル交換までして頂きました(後ろにチラリと2号さん)

佐藤さんとお揃いのTシャツまで頂いちゃって…😭

お世話になりました♪

Pumpkin Sallyのホームページ

小顔矯正サロンMartha:大軒 優子さん

画像12

大軒 優子さん
もともと美への関心がとても強く、様々なアンチエイジング美容を体験し、たどり着いたのが神戸小顔カレッジのエンドリングフェイシャルの技術。

まったく痛くないのに続けていくうちにお顔が変化していく様子にすごく興味が湧き、『すごい!この技術を一人でも多くの悩みを抱えている女性たちに伝えたい!そしてそんな女性たちのお悩みが解消できる手助けができたらどんなに幸せだろう。』と強く思い開業に至る。

画像13

誰だっつーのww

画像14

あ、ヨシですww

画像15

どアップと遠く離れて撮るというビフォーアフターボケを「蚊さん」に全部持っていかれるという始末。

画像17

いやいや、本気で小さくなっちまった…

全然痛くないのに、マジびっくりです。

画像16

サロンを借りてオンラインレッスンさせて頂きました。優子さんありがとうございました。

時津東小学校校長:本多 ひとみさん

画像34

本多ひとみさん
第32回 博報賞受賞(2001年度)

国語教育・日本語教育部門にて賞を受けるなど国語教育に精力的に取り組んでいる。

画像20

出会いは長崎駅前の魚店亜沙にて。

画像19

ひとみさんと静香さん3人で飲む。この時は「学校で管理職やってます」としか聞いてませんでした😅

ちなみにテーブルに並んでる数々の「長崎土産」は、ひとみちゃんから。

明日、うちの学校遊びに来てくださいとお誘いを受けたので…。

画像21

まんまと行っちゃいました!

画像23

悪いことしてないのに、校長室に通されるとかビビりましたww

そこで初めて「ひとみちゃん」が「本多校長」と知らされて、もうひっくり返りそうになりました。

画像22

「5年生のクラスで英語の時間があるから、よしさんちょっとしゃべってー」とのことで、意気揚々と「英語を勉強すると全国で旅をしながらオンラインで仕事出来るようになるかもよ!」という話をコンコンとしたのであります。

この中に将来英語で仕事する子がどのくらい居るのか楽しみです。

画像24

サイン攻め…サイン練習してて良かった(笑)

画像25

本多さん、楽しい時間ありがとうございました。

小学校のホームページは、ひとみちゃんが作ってるのだぜ!

薩摩ボタン絵付け師:室田志保さん

画像26

室田 志保さん
江戸末期に倒幕運動などの軍資金を得るために制作された『薩摩ボタン』。
そこで得られた外貨は、軍資金として戊辰戦争などで使われたとされています。
絵柄は、その当時の生活風景や花鳥風月など日本的なものが多く、
ジャポニズム文化の一つとしてボタンコレクターには大変貴重なものとされています。
その後、細かい作業ゆえに作る窯元も減り一時は廃れましたが、
『薩摩志史』絵付け師 室田志保 は、現代に合った『薩摩ボタン』として復活させました。

画像27

画像28

この薩摩ボタンたち、もちろん全て手書きなのです。人間ってすごいね。

画像29

かくいう自分もボタン作成体験をさせて頂きました。

画像30

自分が書いて…

画像31

プロが仕上げる…

ちなみにピアスにしてみました。

画像32

室田さんの旦那さんが営む牧場のお手伝いをするという貴重な体験をさせてもらいましたよー

画像33

室田さんはオンライン英会話の生徒さんなのです。

対面英会話をお見舞いしてやりました。

画像34

対面圧をお見舞いされる室田さん

大変お世話になりました。一度は無くなってしまった薩摩ボタンを復活させた熱量、尊敬します。

薩摩志史のホームページ

世の中には沢山の技術や想いが誰かの生活を支えているんだなーと胸を熱くするのであります。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事